スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#038 レイコンへの道 part4 ネイチャーアクアリウム

The Way to LC part4 ネイチャーアクアリウム


ネイチャーアクアリウムとは。


水槽に水草を配植し、その美しさを楽しむ水槽は、広く水草レイアウトと呼ばれています。ネイチャーアクアリウムは、大きな意味では水草レイアウトに含まれていますが、独自の考え方や管理方法があります。

それらは「自然から学ぶ」というネイチャーアクアリウムの基本コンセプトに基づいたものです。では、「自然から学ぶ」ということはどういうことでしょうか?

一つは、自然の美しさを学び、レイアウトの中にその美的表現を取り入れるということです。自然には、美しい風景が無限にありますが、その中から美しい風景(要素)を切り取るように、水槽の中に石や流木で構図をつくり、水草を植栽して美しい景観を表現することです。そして自然の風景が季節によって移り変わるように、水槽につくられた景観も水草の生長によって自然と変化していきます。

自然から学ぶ要素は、こうした見た目の美しさだけではありません。ネイチャーアクアリウム水槽は、水草、魚、微生物が相互作用を持ちながら形成する小さな生態系によってその環境が支えられているのです。すなわちネイチャーアクアリウムとは自然の縮図のような水槽であり、だからこそ生き生きと泳ぐ自然本来の魚の姿が観察できるのです。


なるほど!


少し勘違いしてたようです。
まぁ勝手な思い込みだったんですがね汗


自然から学ぶってことは
水中だけに特化するものではない。って事ですね。


世界水草レイアウトコンテストですから
水草に合ったレイアウトが必要だと思ってましたが


逆に美しい風景(山や大地を含む)を水草に置き換え
その中で水草や生体が生長や成長出来る環境にすればいいと。


確かどちら様かのblogで、ネイチャーアクアリウムは
たいていジブリ作品のイメージとありました。


それを見て「ハッ」とした次第でして
ADA様のホームページをじっくり見たのは初めてです(笑)


美しい水景は水中だけにあらず。
イメージや構図は水上をも表現す。


私はずっと
水中でありえるレイアウトを考えていました(//∇//)


言い訳しますと
作品集なるものを見たことがないんです。


世界のトップレイアウターの水景はアクアジャーナルで見ましたが
海外にはこんな感じの川とか池とかあるんだなーとか(;゜∇゜)フフッ





特約店が近くにない私は、作品集はあきらめて
近くの自然でも観察しに行きましょうかね.....



そう、妄想を膨らましに(笑)



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ

yolosuke自画像w

E
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。