スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#037 レイコンへの道 part3 はじめの一歩

The Way to LC part3 はじめの一歩


考えれば考えるほどに
深みにハマります。


調べれば調べるほどに
最初の基本構想が大切だとわかります。


現段階で痛感します。
いろいろ足りてないこと。


そしてその時間があったとしても、その間長期維持するための技術や経験が全く足りてないということ。


設備も足りない。
でもどうしようもないってことは、それに投資するお金もないってこと。


去年の夏から60水槽を維持(放置)していますが、現状では水草ストック水槽に流木と化粧砂があるだけ。


それでもCO2添加の恩恵も感じつつ。
水草の生長も楽しめ個人的には満足していたのですが....




2013/8月


しかもはじめは陰性草だけで構成していました。これはこれで自分では気に入っていたのですが、さらに後景に密生感が欲しかったので有茎草を植えてみたところ



2013/10月


このようにストック水槽になってしまいます。センスがないのは百歩譲ったとして、ここから有茎草の生長推進と陰性草の黒髭苔抑制との戦いが始まりました。



2014/1月


昨年末から60水槽の全体画像はあるもののズームアップ出来ない状態が続きます。あ、今もですけどね(笑)


結局、コケ対策も大した効果を得られず
見て見ぬフリを決め込むとか。


ここに来てハード的な問題が浮彫りに。
長期維持の為には設備投資とメンテナンスのし易いレイアウトにってのが重要そうです(汗)


問題は山積みですよね。


レイコン用レイアウトを構想する上で、今回自分が目指すテーマは「ストック水槽からの脱却」です。


ストック水槽感を打ち消すには多種様々な水草の自然感と流木や石、底床との一体感を出す必要がありますね。


と、言うのは簡単ですが何をどうしたらいいのか未だにピンとこないんですよね(笑)


だから出来るだけ長く維持することで、その「馴染む」みたいなのが出てくれるんじゃないかと思ったのです。


てかそれしか思いつかなかったの(笑)


ただ怖いのが、「馴染む」と「見慣れる」を履き違える可能性もあります。それでも勘違いだろうが自分で納得して進むほうが結果的に幸せになれるはずでしょう(笑)







個人的に難関なのは水草選び。
適当にポチりましたが、逆に選択肢を増やし自分で自分の首を締めまくり(笑)


もう悩みすぎて
馴染み深いただ好きな陰性草だけで構成しちゃおうかなとか思う始末(笑)


考えれば考えるほど
調べれば調べるほど


見えかけていた構想はガラガラと砕け、レイアウトのイメージ作りまで到達しそうにありません。


はじめの一歩がいつ踏み出せるか。


それが一番の問題だσ(^_^;)



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ

yolosuke自画像w

E
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。